逆流性食道炎の対策方法について知っておこう

症状など

腫瘍が合併症を引き起こす恐れがある

聴神経腫瘍という病気は、前庭神経と蝸牛神経のシュワン細胞から発生する腫瘍のことを言うのです。腫瘍の99パーセントは前庭神経から発生します。神経鞘腫は良性の腫瘍とされており、ゆっくりと成長するでしょう。ゆっくりと成長するので脳や周囲の神経に対しての症状を自覚しにくいのです。難聴や耳鳴りなどに気付くのが遅れてしまいます。神経線維腫症の場合は神経線維腫が両側の聴神経に発生するのです。神経鞘腫は良性ですが、通常の神経鞘腫とは違う点があります。腫瘍が常に成長するのです。基本的に他の神経鞘腫や髄膜腫などを合併してしまうことが多いと言われています。聴神経腫瘍としてはこのような合併症に気をつける必要があるでしょう。基本的に再発する病気なので、手術を行うタイミングが大切になるのです。

様々な症状が現れるようになります

聴神経腫瘍の治療を行う場合は、症状についても知っておく必要があります。症状に気付いたら、すぐに専門の医師に相談するようにしましょう。基本的に最も多い症状と言われているのが感覚整難聴です。蝸牛神経は繊細な神経なので、腫瘍が小さくても難聴が始まってしまうでしょう。また、片方のみが難聴になってしまうと、症状を自覚しにくい傾向があります。健康診断などで気付くことが多いので、定期的に健康診断を受けることで病気を早期発見することができるでしょう。また、他の症状として有名なのが耳鳴りです。腫瘍が大きくなってくるにつれてめまいなどが現れます。聴神経腫瘍の場合、腫瘍が大きくなってくると脳を圧迫してしまい、交通性水頭症などを引き起こしてしまうのです。平衡感覚喪失や頭痛などの症状も現れるでしょう。