逆流性食道炎の対策方法について知っておこう

ステージとは

がんはステージで進行具合を表す

肺腺がんの進行については一般的にステージという言葉で現されます。ステージ1やステージ2といった言葉を知っている方は少なくないと言えるでしょう。基本的にがん細胞の大きさや転移状況によってステージが決まります。ステージによって治療方法が違ってきますので、ステージについて学んでいきましょう。肺腺がんのステージはTNMを組み合わせた分類方法で分類されます。Tは原発腫瘍の大きさを現し、Nはリンパ節転移の状況を現しているのです。Mは遠隔移転を現しています。この3つを組み合わせることでがんのステージを決めるのです。ステージは主に4つのステージに分類され、数字が大きくなればなるほど危険な状態という意味を持っています。基本的にステージ1の内に治療を施すようにする必要があるでしょう。

ステージによる治療の違いについて

一般的にがん治療はステージによって利用できる治療方法が変わってきます。肺腺がんの場合は、ステージ1やステージ2の場合には手術や放射線治療などを施すでしょう。最初の内は手術でがん細胞を取り除くことができるからです。ステージが進み、転移してしまうとがん細胞を手術ですべて取り除くことは難しくなってきます。その為、抗がん剤などによる治療を施すようになるのです。基本的に緩和ケアなども利用するようになるでしょう。一般的にがん細胞が全身に転移すると病気を根治するのは難しいと言われています。できるだけ症状が軽い時に治療する必要があるのです。できればステージ1の時に治療を施す必要があります。症状が進行すればするほど肺腺がんの治療は難しくなっていくのです。